手首のケガ(骨折・捻挫)

こんにちは!

長野県東筑摩郡山形村、山形中央整骨院院長の神農です!

 

本日は手首のケガについて書こうと思います。

手首を怪我する多くの原因は転んで手を突く時、重い物を変な角度で持ち上げてしまった時などです。

 

スポーツ中であったり、ランニング、ゥォ―キング中、段差でつまずいたりと様々な場面で転倒の危険は潜んでいます。

 

特に高齢者の方は3センチ程の段差でもつまずいてしまい、手を突き捻挫をしてしまったり、捻挫では済まず骨折を起こしてしまう事があります。

骨折をしてしまった場合、折れ方にもよりますが整骨院では対応出来ない場合もあり、大きな病院で手術をする場合もあります。

 

骨折していない場合は捻挫で済んでいるのですが、それでも強く痛めてしまった場合は1ヶ月以上の治療が必要になったりギブスを巻く事もあります。

 

当院でも手首の捻挫、骨折の患者さんを大勢施術してきました。

また当院では手に負えないヒドイ骨折患者さんを大きな病院に紹介し、手術に至った事もあります。

そのような患者さんの場合はギブスが取れた後のリハビリを当院が行っています。

 

転倒し手をついてしまった時には、どの様な場合でも当院で対応出来ますのでご相談下さい!

 
山形中央整骨院・炭酸整体LABO
治療内容

各種保険取扱い・交通事故・自費治療

対応可能な症状

骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷、交通事故治療、スポーツ障害

受付時間
 
8:30~12:00
15:30~19:00
休診日:日曜日、土・祝祭日午後

0263-97-1171

 
住所

〒390-1301 長野県東筑摩郡山形村3907-1

アクセス

山形小学校より徒歩約3分、山形村役場より徒歩約2分
駐車場8台あり